鳥取県ふうせんバレーボール協会

▼第5回鳥取県ふうせんバレーボール大会

お知らせ

〈米子〉
 10月の練習日
   平成29年 10月1日(日)・15日(日) 10~12時 場所:米子サンアビリティーズ
 11月の練習日
   平成29年 11月5日(日)・19日(日) 10~12時 場所:米子サンアビリティーズ
 12月の練習日
   平成29年 12月3日(日)・17日(日) 10~12時 場所:米子サンアビリティーズ

〈鳥取〉
 10月の練習日
   平成29年10月  29日(日) 10~12時 場所:鳥取県立障害者体育センター
 11月の練習日
   平成29年11月  12日(日) 10~12時 場所:鳥取県立障害者体育センター
 12月の練習日
   平成29年12月  24日(日) 10~12時 場所:鳥取県立障害者体育センター
 1月の練習日
   平成30年 1月  28日(日) 10~12時 場所:鳥取県立障害者体育センター
 2月の練習日
   平成30年 2月  25日(日) 10~12時 場所:鳥取県立障害者体育センター
 3月の練習日
   平成30年 3月  25日(日) 10~12時 場所:鳥取県立障害者体育センター

第5回鳥取県ふうせんバレーボール大会

【大会報告】
 7月29日(土)鳥取県立米子産業体育館で「第5回鳥取県ふうせんバレーボール大会」を開催、熱戦が繰り広げられました。18チーム134名の選手が、持てる力を発揮して懸命にふうせんを繋ぐ姿に感動しました。
 大会を支えてくださったボランティアスタッフの皆様、ありがとうございました。



【試合結果】

大山の部
第1位 ドリームひまわり娘
第2位 クラブマイケルたろう
中海の部
第1位 愛さんさん
第2位 ペコちゃんず
日野川の部
第1位 MOS with Happy
第2位 チームはくとB






第4回鳥取県ふうせんバレーボール大会

【大会報告】
4_balloonvalley 7月30日(土)鳥取県立米子産業体育館で、18チーム150名が参加し「第4回鳥取県ふうせんバレーボール大会」を開催しました。
 参加チーム・選手のレベルアップにより白熱した試合が続き、笑顔と歓声にあふれた大会となりました。
 来年の大会開催を要望する声が多く聞かれました。


【試合結果】
大山の部
第1位 クラブマイケルたろう
第2位 ドリームひまわり娘
中海の部
第1位 サラダボール
第2位 鳩友会クラブ
日野川の部
第1位 養和会チャレンジ
第2位 ポケット2


4_balloonvalley2

第3回鳥取県ふうせんバレーボール大会

【大会報告】
7月25日(土)鳥取県立米子産業体育館で、18チーム148名が参加し「第3回鳥取県ふうせんバレーボール大会」を開催しました。今年は接戦が続き、会場は大いに盛り上がりました。チーム間の交流も盛んに行われ、一緒に練習会をしようという声も上がっていました。ますますのレベルアップが期待されます。



【試合結果】
大山の部
第1位 わかさま&姫さまs
第2位 ドリームゲゲゲ
中海の部
第1位 クラブマイケルたろう
第2位 クラブマイケルせぶん
日野川の部
第1位 ペコちゃんず
第2位 つゆくさ


第2回鳥取県ふうせんバレーボール大会

【大会報告】
 7月26日(土)鳥取県立米子産業体育館で、「第2回鳥取県ふうせんバレーボール大会」を開催しました。この夏最も暑い日となりましたが、18チームが白熱した試合を展開しました。今年は東部からの参加も多く、県内チームの活躍が目立ちました。県内でのふうせんバレーボールの広がりとレベルアップを感じるうれしい大会となりました。
 今年は東部からの参加も多く、県内チームの活躍が目立ちました。県内でのふうせんバレーボールの広がりとレベルアップを感じるうれしい大会となりました。





【試合結果】
大山の部
第1位 クラブマイケルせぶん
第2位 ポケット1
中海の部
第1位 わかさま&姫さまs
第2位 ペコちゃんず
日野川の部
第1位 養和会CHAKS-A
第2位 ファイヤードラゴン


ふうせんバレーボール2013関西大会

9月15日(日)大阪舞洲障害者スポーツセンターで、ふうせんバレーボール関西大会が行われました。鳥取県からは、ふうせんバレーボール協会登録の「ドリームスポーツクラブ」「愛さんさん」の2チームが出場しました。
日頃の練習の成果を発揮し、それぞれ予選リーグを良い成績で通過し、決勝トーナメントでも準決勝に進出しました。
接戦が続き緊張の連続でしたが、とても楽しくプレーができました。
来年も、ぜひ参加したいと思います。

             

第1回鳥取県ふうせんバレーボール大会

【大会報告】
 7月20日(土)鳥取県立米子産業体育館で、「第1回鳥取県ふうせんバレーボール大会」を開催しました。18チームが、白熱した試合を展開しました。
大会前には、いくつものチームが練習会にも参加され、それぞれが練習を積み重ねた成果を発揮しました。真剣なプレーと笑顔いっぱいの大会となりました。


〈試合結果〉
大山の部
第1位 クラブマイケルたろう
第2位 クラブマイケルせぶん
中海の部
第1位 つゆくさ
第2位 ドリームゲゲゲ
日野川の部
第1位 鳩友会スポーツクラブ
第2位 サラダボール


ふうせんバレーボール体験会

 4月28日(日)県立倉吉体育文化会館体育館において、ふうせんバレーボール大会を開催しました。
鳥取からの参加もあり、64名が楽しく汗を流しました。
10月の障がい者スポーツ協会主催のスポーツフェスティバル(倉吉)には、競技種目として、ふうせんバレーボールが加わります。
また、たくさんの方の参加をお待ちしています


         

ふうせんバレーボール交流会

 11月18日(日)県立米子産業体育館において、ふうせんバレーボール交流会を開催しました。
大阪からの参加もあり、10チームが熱戦を繰り広げました。
昼休みには、昼食を取りながら交流し、昼食後には早速、大阪の選手にアドバイスを受けて、練習している姿も見られました。
参加者からは、次の機会にも是非参加したいという声が聞かれました。
ご参加下さった皆さん、お手伝い下さった皆さん、
ありがとうございました。


ふうせんバレーボール体験会

 7月14日(土)梅雨空の下、米子サンアビリティーズで、初めての体験会を行いました。
講師として大阪ふうせんバレーボール普及会石井会長にお越しいただき、120名の参加のもと、怪我もなく無事終了することができました。
参加された方からは、「楽しかった」
「親子で楽しむことができた。また参加したい」
「障がいが有る無しに関わらず、誰もが参加できるスポーツとして広まるといい」といった声が聞かれました。
ふうせんバレーボールの楽しさと共に、相手に対する思いやりや
障がいへの理解といったことを体験してもらえたと思います。

         

アイマスクや車いすでの体験もしました

活動状況

ふうせんバレーボール練習会への協力
協会加盟のドリームスポーツクラブが
米子サンアビリティーズで、月4回練習をしています。

【活動目的】
 今年、 4月よりふうせんバレーボール協会を立ち上げました。
この会は、鳥取県内の障がい児・者がふうせんバレーを通して体力づくり及び仲間づくりを図り、その自立(自律)に寄与することを目的としています。

ふうせんバレーは・・・。

障がいのある人ない人が一緒に参加できるスポーツとして考案されたアダプテッドスポーツです。子どもから高齢者まで、年齢にかかわらず一緒に楽しむことができます。
バドミントンコートを使って、1チーム6人制で、ハンディプレーヤー(HP=障がい者・高齢者・幼児)3~5名アドバンテージプレーヤー(AP)1~3名でチーム編成します。
チーム6人全員がボールに触れてから6~10打で相手コートにボールを返球します。

 

ふうせんバレーボールは、ふれあい(愛)ささえあい(愛)笑いあい(愛)がモットーです。

一緒にふうせんバレーボールを楽しみませんか・・・!!